マルイチセーリングの3人掛けソファ「マンスリー」を購入

マルイチセーリングのリクライニングソファー、マンスリーを買った。

決め手は何といっても座り心地。適度な沈み込みと反発のある座面、腰から背中にかけてのフィット感、ヘッドレストの角度まで調整可能な座席ごとに独立したリクライニングなど、快適さに直結する部分が他のソファより頭一つ飛びぬけていた。販売員曰く「座り心地に全振りしたソファ」とのことで、座ってみればそれも納得といったところ。身もふたもない言い方をすれば、映画館のプレミアムシートの座り心地である。

(生活感あふれる写真でごめんなさいね。)

そこそこの大物のため、部屋に入れたら威圧感かなり出るかな~と懸念していたが、いざ現物が来てみたらそこまででもなかった。サイズ感と和らげるべく布地にしたのが功を奏した。

展示品はビビッドなオレンジのソフトレザー仕様で、大きさ、色、トゥルトゥルの質感が相まって、いかつさMAXなのよね。メーカー標準仕様っぽいんだけど、あの見た目で販売機会を逸してるような気がしてならない。どうしてあんな超絶人を選ぶ色をチョイスしてるんだ…。

マンスリーは家具店向けのシリーズらしく、マルイチの公式サイトには載っていない。基本仕様は同じで、店ごとに細部が微妙に異なるシリーズとして展開しているようで、マンスリー、ウィークリー、コーラス2といったブランドがある模様。関東だと、マンスリーはかねたやが、ウィークリーは島忠が扱っている(2021年8月現在)。

そもそもこのソファとは、かねたや主催の家具バザールで出会い、その後、近所の島忠でたまたまウィークリーを見つけたという次第。基本的な座り心地は一緒だったが、ウィークリーの方が僅かに座面が柔らかく、そのためか座高自体が少し低いように感じられた。寸法はどちらも同じらしいんですけどね、中のウレタンが微妙に違うらしい。ほかにも確認できた限りでは、脚の形状、追加オプションに差があった。

その辺を諸々考慮し、何より座り心地的にマンスリーの方が好みだったので、マンスリーに決定!

座席数と席幅からベースとなるモデルを選び、表面仕上げ(本革/合皮/布地、色柄)とオプションにより最終的な仕様と値段が決まる。当方は540ソファ(54cm幅の3人掛け)を選択し、ネコチャンがいるので、布地の中でもペット向けを謳う引っ掻きに強いものにした。色は冒頭写真の通り、、、灰色?ベージュ?砂色?。素材によって選べる色に差がある点は留意されたし。

お値段は20万円代前半也。決して安くはないが、べらぼうに高いわけでもない…と思う。

正直、若干の予算オーバーではあるが、展示会でピンからキリまでいろいろ座ってみた中で、自分に合ったソファがたまたまこの値段だったという感じ。安い物はやっぱりそれなりの座り心地でしかなかったし、逆に高いからといって必ずしもフィットするわけでもなく、手の届く範囲で良いものが買えたと思うことにする。将来、たとえソファ自体が廃番になっても、会社が無くならない限り修理や張替え対応はしてくれるそうで、末永く活躍してくれることでしょう。

3人掛けはデカすぎィって人には、1人掛け、2人掛けモデルもあるよ!

ちなみに、以前はルームズ大正堂のフランドルソファを使っていた。13年ほど使ったが、ソフトレザーのわずかなくたびれと退色くらいのもので、クッション・ばねに目立った劣化や、構造的なガタはなかった。最後の半年の間にネコチャンにつけられた引っかき傷が一番の傷という。ソファ買い替えの無料引き取りで処分予定だったが、ジモ○ィで引き取り手が見つかり、今頃そちらで活躍してくれていることだろう。SDGs!

ねこねこかわいい

1 |
Agate
| 2021-09-13 07:11 | reply

@Agate: 元野良猫なので、名前は安直にのらちゃんです。猫的にも居心地抜群らしく、日がな一日くぼみで寝てますわ…

2 |
Decomo
| 2021-09-13 14:35 | reply



  • blog/2021/2021-09-12.txt
  • 最終更新: 2022-01-05 10:16
  • by Decomo