Linux 5.7でintel_pstateのHWPの挙動が変わっていた

自鯖のProxmox VEを6から7に上げたら、アイドル時の消費電力が上がったような気がする。ハードウェア構成が少し変わってたりもするので何とも言えないところだが、IPMIで見る限り増えているのは確か。

あれこれ試してみたところCPUのスケーリングガバナーの挙動が変わっていた。そして、そもそもCPUドライバとしてintel_pstateではなくintel_cpufreqが使われていた。

# cpupower frequency-info
analyzing CPU 0:
  driver: intel_cpufreq ★これ
  CPUs which run at the same hardware frequency: 0
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0
  maximum transition latency: 20.0 us
  hardware limits: 1.20 GHz - 3.30 GHz
  available cpufreq governors: conservative ondemand userspace powersave performance schedutil
  current policy: frequency should be within 1.20 GHz and 3.30 GHz.
                  The governor "powersave" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency: Unable to call hardware
  current CPU frequency: 1.20 GHz (asserted by call to kernel)
  boost state support:
    Supported: yes
    Active: yes

同じ環境でPVE 6の時はintel_pstateが使われていたハズなんだけどなぁ。dmesgを見ると、intel_pstateが採用されている雰囲気だが、“HWP not enabled”の一文も気になるところ。

# dmesg | grep intel_pstate
[    2.020574] intel_pstate: HWP not enabled
[    2.020580] intel_pstate: Intel P-state driver initializing

答えはArchiWikiintel_pstateのドキュメントに書いてあった。HWP (Hardware P-States)が使えないCPUではintel_pstateはPassive Modeとして動作し、ドライバとしてintel_cpufreqが使われるとのこと。お前かー!!

Linuxカーネルバージョン5.81)でのintel_pstateの改修により、この挙動に変わったらしい。実際、v5.7v5.8のソースを見比べると、確かにそのような変更が加えられている。

話はこれで終わらずv5.9において、EPP (Energy Performance Preference)を持たないCPUをHWP制御から除外するコードがわざわざ追加されている。HWPはSkylakeからの実装とされているが、実際はBroadwell-EPで初期実装が行われているらしく、現に前述のv5.7コードではHWPを使うようになっている。

自鯖のCPUはまさにBroadwell-EPなXeonなので、見事に該当しているというワケだった。

強制的にアクティブモードにすることもできそうだが、どっちがいいんだろうねぇ?更にHWPM (Hardware Power Management)を使って、完全にハードウェア任せにするという選択肢もあるし悩ましいところ。

参考サイト


1)
ArchWikiでは5.7とされているがソースコードを見ると5.8での変更っぽい



  • blog/2022/2022-01-13.txt
  • 最終更新: 2022-01-13 21:36
  • by Decomo