start

Linux 5.7でintel_pstateのHWPの挙動が変わっていた

自鯖のProxmox VEを6から7に上げたら、アイドル時の消費電力が上がったような気がする。ハードウェア構成が少し変わってたりもするので何とも言えないところだが、IPMIで見る限り増えているのは確か。

あれこれ試してみたところCPUのスケーリングガバナーの挙動が変わっていた。そして、そもそもCPUドライバとしてintel_pstateではなくintel_cpufreqが使われていた。

# cpupower frequency-info
analyzing CPU 0:
  driver: intel_cpufreq ★これ
  CPUs which run at the same hardware frequency: 0
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0
  maximum transition latency: 20.0 us
  hardware limits: 1.20 GHz - 3.30 GHz
  available cpufreq governors: conservative ondemand userspace powersave performance schedutil
  current policy: frequency should be within 1.20 GHz and 3.30 GHz.
                  The governor "powersave" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency: Unable to call hardware
  current CPU frequency: 1.20 GHz (asserted by call to kernel)
  boost state support:
    Supported: yes
    Active: yes

同じ環境でPVE 6の時はintel_pstateが使われていたハズなんだけどなぁ。dmesgを見ると、intel_pstateが採用されている雰囲気だが、“HWP not enabled”の一文も気になるところ。

# dmesg | grep intel_pstate
[    2.020574] intel_pstate: HWP not enabled
[    2.020580] intel_pstate: Intel P-state driver initializing

答えはArchiWikiintel_pstateのドキュメントに書いてあった。HWP (Hardware P-States)が使えないCPUではintel_pstateはPassive Modeとして動作し、ドライバとしてintel_cpufreqが使われるとのこと。お前かー!!

Linuxカーネルバージョン5.81)でのintel_pstateの改修により、この挙動に変わったらしい。実際、v5.7v5.8のソースを見比べると、確かにそのような変更が加えられている。

話はこれで終わらずv5.9において、EPP (Energy Performance Preference)を持たないCPUをHWP制御から除外するコードがわざわざ追加されている。HWPはSkylakeからの実装とされているが、実際はBroadwell-EPで初期実装が行われているらしく、現に前述のv5.7コードではHWPを使うようになっている。

自鯖のCPUはまさにBroadwell-EPなXeonなので、見事に該当しているというワケだった。

強制的にアクティブモードにすることもできそうだが、どっちがいいんだろうねぇ?更にHWPM (Hardware Power Management)を使って、完全にハードウェア任せにするという選択肢もあるし悩ましいところ。

参考サイト


1)
ArchWikiでは5.7とされているがソースコードを見ると5.8での変更っぽい

デグレったZFSプールは他マシンでのインポートが制限されるっぽい?

色々と事情があって、FreeBSDで作ったHDD×4台からなるRAIDZプールを、HDD×3でデグらせた状態でZoL環境でインポートした。

すると自動scrubが走るわけだが、処理途中で一旦エクスポートし、FreeBSDの方でHDD×4の状態でインポートしようとしたら出来なかった。

# zpool import zdata
cannot import 'zdata': no such pool available

こんなエラーが出るわけ。プールをFreeBSDとLinuxの間で、あまつさえデグレった状態で行き来させたせいで壊れた!?と超焦るわけ。

ZoL環境だと正常にインポートできたのでプールの無事は確認でき、HDD×4に戻してRAID修復が終わるのを待ったところ、FreeBSDの方でも何事もなくインポートできるようになった。

ここから分かることは、どうやらデグレった状態のプールを一度でもインポートすると、プールの健全性が回復するまで別のシステムでのインポートができなくなるらしい?これがZFSの正常な挙動なのか、FreeBSD (Legacy ZFS)とZoLを行き来したが為の特殊挙動なのかは分からない。

もし正式挙動だとしたら、プール修復中にマシンが壊れるとプールが死ぬわけだから、正式挙動ではないとは思うんだけど、実際に起こった事象として記録しておく。

LinuxがGPTを1MB確保するのはWindowsとの互換性のため

LinuxでGPTを作ると、First usable LBAの値が512バイトセクタドライブで2048、4kセクタドライブで256となる。すなわち、LinuxはGPTとして1MiBを確保する。

GPTの情報を格納するのに必要なサイズは16.5KiBなので、本来は33セクタ@512Bまたは5セクタ@4KiBで事足りる。FreeBSDの39セクタ@512Bに慣れた身からすると、無駄とも思えるサイズである。

この理由を調べてみると、どうもWindowsとの互換性のためっぽい。

WindowsではVistaとWindows Server 2008から、パーティションを1MiBアライメントで揃えるようになったそうだ。Linuxはこれに倣ったとのこと。1MiBアライメントなら、512バイトと4kBの倍数なので所謂AFTアライメント問題が解消でき、将来、より大きなセクタサイズが登場した時に対応できる可能性も高まる、というのが狙いらしい。

言われてみれば納得の理由で、逆にFreeBSDが20KiBしか確保しないことが不安になってくる…。パーティション追加時にgpart create -a 1Mとすればパーティションを1MiB境界で揃えることはできる。一方で、First usable LBAを弄るものではないので、パーティション一覧を出したときにGPTと第1パーティションの間に“未使用領域”が計上されてしまうのが、ちょっとカッコ悪い。

どうでもいいけど調査の過程で、今更ながらCHSやらセクター63やらシリンダ境界規定やらを調べてしまった。


(2021-01-16 追記)

Linuxのfdiskで切ったパーティションをFreeBSDで見てみた。

> gpart show
=>        6  234423115  nvd0  GPT  (894G)
          6     131072     1  efi  (512M)
     131078   26214400     2  freebsd-zfs  (100G)
   26345478  208077643        - free -  (794G)

=>      256  468843345  nvd1  GPT  (1.7T)
        256     131072     1  efi  (512M)
     131328   26214400     2  freebsd-zfs  (100G)
   26345728  375914496     3  !6a898cc3-1dd2-11b2-99a6-080020736631  (1.4T)
  402260224   13107200     4  !6a898cc3-1dd2-11b2-99a6-080020736631  (50G)
  415367424   53476177        - free -  (204G)

nvd0がFreeBSDのgpart、nvd1がLinuxのfdiskで作成したもので、どちらも4kセクタである。

FreeBSDのgpartもFirst usable LBAをちゃんと見ているようで、nvd1のESPの開始セクタ256セクタ=1MiB地点を正しく認識している。

将来のことを考えると、GPTを作るところまではLinuxまたはWindowsでやった方がいいかもしれないなぁ。



いつのまにかZoLとOpenZFSが統合されてた&永続的L2ARCが来るっぽい

2020年12月1日、ZoLベースとなるOpenZFS 2.0が無事にリリースされた

ZFSのLinux向け実装であり今やZFS開発のメインストリームであるZFS on Linux (ZoL)が、いつの間にかOpenZFSと統合されていた。実態としては、統合というよりOpenZFSがZoLベースで仕切り直され、ZoLがOpenZFSに名前を変えたという感じのようだ。

経緯はともかく、既にZoLのGitHubはOpenZFSのリポジトリへとリダイレクトされるようになっている。で、2020年、すなわち今年にはZoL 0.8をベースとしたOpenZFS 2.0がLinuxとFreeBSD向けにリリース見込みとなっている。この辺のロードマップはOpenZFS Developer Summitでの発表資料(PDF)に詳しい。

また、そう遠くない未来に永続的L2ARC (Persistent L2ARC。界隈ではpL2ARCと表記されている)が取り込まれるようだ。

ZFSerにはご存じのとおり、L2ARCはSSDなどの高速ストレージを使ったZFSの読み込みキャッシュの仕組みである。後から必要な時に有効化できる簡単便利な仕組みだけど、システムの再起動でキャッシュ内容が失われてしまう欠点がある。正確には、キャッシュデータはそのままストレージ上に残っているものの、メモリにあるキャッシュ管理データが消えてしまうため、現状のL2ARCは事実上の揮発性キャッシュとなっている。

pL2ARCでは、その名前のとおりシステムが再起動しても以前のキャッシュが維持されるようになる。ちなみに、L2ARCの管理データは無視するには大きいサイズなので、あまり巨大なL2ARCを作るとメモリを圧迫し、L2じゃない方のARCが減るという本末転倒な事態に陥るので注意が必要。

pL2ARCの構想自体は以前のOpenZFSのロードマップにもあり、2015年にillumos向け実装の移植が試みられていたようだが、結局実現はしなかった。ところが最近になって、これまたZoLパワーでもって急速に開発が進められている。現時点でOpenZFS 2.0リリース予定には組み込まれていないものの、既にプルリクが作られており近々masterに取り込まれそうな勢いである。Linuxパワーしゅごい……。

  • start.txt
  • 最終更新: 2019-08-19 11:45
  • by Decomo